珈琲G党のガナーズブログ

基本はアーセナルの試合や移籍ニュースについて語るブログです。たまにCLやラ・リーガ、プレミアの注目カードについて語ることもあります。サッカー変態です。

【マッチレビュー】アーセナル対ノリッジ ユングベリ初陣 良くも悪くもアーセナルらしさが見えた試合

 ノリッジなのかノーウィッチなのかどっちなんだろうと思う今日この頃、G党珈琲ですおはこんばんにちは。

 ユングベリ暫定監督の初陣、久しぶりに試合前からワクワクしてました。

f:id:coffee20001113:20191203022400j:plain

f:id:coffee20001113:20191203020902j:plain

f:id:coffee20001113:20191203020924j:plain
f:id:coffee20001113:20191203020942j:plain

・総評

 スタメンで目新しかったのはCBに、ムスタフィと右のIHにウィロックですね。特にムスタフィは夏に退団が濃厚視されましたが、残留しここまではカップ戦要員でした。

 この試合のアーセナルは基本布陣4-3-1-2ですが、前からのプレスをはめてロングボールを蹴らせるという事が結構はまってました。前からのプレスがはまる気配のなかったエメリとはここから異なります。そして、前から奪えない時は4-5-1(4-1-4-1)で右サイドはオーバメヤン、左サイドはエジルが守る形で、こちらもよく守れてました。ですが、カウンターへの対処で後手に回りカウンターの度にシュートまで持ってかれてしまいました。

 攻撃に関してもアタッキングサードまでのビルドアップもスムーズでしたし、ここも数日でよく改善してきたなと言うのが率直な感想です。ただ、そこからの崩しが物足りなかったり、縦パスを通すべきとこで通さなかったりエジルが貰いに来たとこで出さないのに、無理なパスを通そうとしてロストしたりという所が課題です。

・前半

f:id:coffee20001113:20191203023901j:plain

 エメリ政権下との違いはさっそく見て取れました。ただ漫然とプレスをかけるのではなくサイドに追い詰めてロングボールを蹴らせて回収するという狙いがわかる良いプレスのかけ方でした。

f:id:coffee20001113:20191203024201j:plain

 そして、前から奪えない時は自陣に引いて守ることも出来ました。図のように4-5-1でブロックを築いて守れていました。エジルオーバメヤンがサイドの守備をしラカゼットが前からコースを限定する寄せ方をし、後方の守備を助けていました。このように守備時は守れていたのですが、課題はネガティブトランジションの場面です。

f:id:coffee20001113:20191203030336j:plain

 ノリッジの先制点につながるウィロックのロストのシーンですが、ウィロックのニアゾーンランは良い動きでしたが、そのあと不用意にロストし、そのあとリカバリーに走ることもなくエルナンデスにカウンターのスタートを許してしまいます。そしてそこからエリア内に侵入を許すまでカウンターを遅らせる守備をすることなく相手を進ませてしまいます。このネガトラの緩さは悪い意味でのアーセナルらしさとも言えます。せめてトレイラがいれば中盤でガツンと当たってカウンターを遅らせられたかもしれません。

f:id:coffee20001113:20191203032139j:plain

 そして、プッキがエリア内まで持ち込みシュートを放ち、ムスタフィのディフレクションを経てゴールになりました。この場面ダビドルイスとムスタフィがそろってズルズル下がってしまいシュートまで許してしまっていますが、どちらかが詰めてどちらかがカバーをするといった補完性が欲しいところです。

 攻撃面ではここ数試合と比べてアタッキングサードまでのビルドアップがなかなかにスムーズでワンタッチツータッチでの小気味の良いパス回しはアーセナルらしさが出ていたと言えます。

 前半終了間際の2失点目もノリッジの先制点と同じようにカウンターを浴びたところからマイナスの折り返しをカントウェルが決めたゴールですが、エリア内にアーセナルの選手は4人、5人いましたが後ろから走りこんでくるカントウェルにはジャカが追走していましたが走り負けフリーでカントウェルにシュートを打たせてしまいました。

・後半

 後半はエジルのCKからこぼれたボールをオーバメヤンが決めて同点にしました。その直後後方でのロストからピンチを招きますがレノのナイスセーブに救われ、その後にもカウンターからプッキのシュート、これもレノのファインセーブに窮地を救われます。

 そして、89分にまたしてもピンチがやってきます。アーロンズがエリア内まで持ち込みシュートを放ちます。しかしここでこの日途中出場のトレイラが飛び込んでシュートブロック、ディフレクションしますがレノがはじき出します。試合を通じていまのアーセナルに足りない気迫のようなものをトレイラは持っています。

攻撃面ではエジルのフリックなど惜しいシーンもありましたが勝ち越しならず。

・まとめ

 後半のピンチも前半同様にネガトラの遅さからカウンターでシュートまで持ってかれるシーンがかなり目立ちました。この試合であブロックを築く守備や前からのプレスといった守備と、後方からアタッキングサードまでのビルドアップのスムーズさは明らかに改善が見られました。その一方ピンチの大半を占めるカウンターへの対処とネガティブトランジションは改善が必要です。ウィロックが怠ったようなロストしたとこからのリカバリーもそうですし、そこから被シュートまで誰もしなかった”遅らせる守備”これらを仕込める監督を次の正式指揮官には求めたいです。

 12月の過密日程の中にはシティ戦とチェルシー戦があります。CL出場権を目指すのならばこの直接対決で勝ち点3をそれぞれから勝ち取らねばかなり絶望的な状況になってしまいます。

 気を吐いた2ゴールのオーバメヤン、幾重ものシュートを防ぎ、セーブ数ランキングトップのレノ、両チーム最多のチャンスメイク数”4”を記録し、アーセナルの攻撃を担うエジル、彼らのコンディションが保つうちにチームとして上昇気流に乗ってほしいものです。

・最後に

 良ければ拡散、購読をしてくれるとめっちゃうれしいです!

アーセナル #COYG